【キャンプ用品】初心者必見!アウトドアテーブルの選び方とおすすめ17選


画像引用元 https://kakakumag.com/sports/?id=10794

キャンプデビューを果たそうと、テントもタープも揃えたら次は、アウトドアテーブルも用意しましょう。

キャンプ飯を食べたり、ゆっくりお酒を飲んだり 調理したり、ちょっとした小物を置いたり、テーブルがなければ地べたに食器や飲み物を置くことになりますので、アウトドアテーブルは必須アイテムといってもいいでしょう。

とはいえ、アウトドアテーブルにも色々と種類があるので、初心者キャンパーさん向けにアウトドアテーブルの選び方を紹介していきます。

アウトドアテーブルをどのように使うのか

キャンプで使うアウトドアテーブルですが、選ぶ際にはどういった用途に使うのかを考えて選ぶとよいでしょう。

まずは、食事や休憩、団らんなどで使用するメインテーブルという使い方があります。

また、メインテーブルの横やチェアの横で使うサイドテーブルとしての用途があります。

ランタンを置いたり、テーブル周りの小物を置いたりしてサブテーブルとして活用できます。

料理をしたり作業したりするにはキッチンテーブルがあると便利です。

バーナーを設置したり調理器具を置いたりできるような形状で立った状態で調理しやすいような高さに設定されています。

焚き火を囲んでバーベキューしたり、焚き火の傍においてサイドテーブルとして使用する
焚き火テーブルは、ステンレス製のものが多く、火に強い素材を使用しています。

選び方①:使用人数に合わせてテーブルサイズを選ぶ

テーブルを購入する際は、何人で使用するのかをイメージして選ぶといいでしょう。

人数が集まるほど、テーブルには料理のお皿や飲み物のコップやグラスなどが並びますので、小さいと不便に感じてしまいますよね。

おおよそのサイズ感としては、1人(ソロ)でなら幅30~60cm、2人なら幅70~90cm、
4人なら幅120~140cm、6人なら幅140~170cm程度
のものを選ぶといいでしょう。

「普段は3人だけどグループキャンプで8人用が必要」という時などは、4人用テーブルを2台並べて使うというのもおススメです。

また、お料理の他にも箱ティッシュやウェットティッシュ、ランタンやスピーカーなど小物の置き場所に困ったりしますので、小さめのサイドテーブルも用意しておくと安心です。

選び方②: 好みのスタイルの高さでテーブルを選ぶ

ファミリーキャンプ用のアウトドアテーブルには、ハイテーブルローテーブルという高さによって違う2種類とサブ用やソロ用としてのミニローテーブルの3種類があります。

お好みのキャンプスタイルや用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

ハイテーブル


画像引用元 https://cazual.shufu.co.jp/archives/41850

ハイテーブル高さ70㎝程度のもので一般的な家庭のダイニングテーブルと同じような高さです。

普段の感覚で食事することができますし、調理をする場合も立ったまま作業しやすいです。

ただし、ハイテーブルはサイズが大きくなりがちですので、収納性はローテーブルよりも落ちてしまいます。

 

ローテーブル


画像引用元 https://camphack.nap-camp.com/17

ローテーブル高さ30~40cm程度のもので、より地面に近い高さのテーブルです。

調理などの作業には向いていませんが、ローチェアと合わせることで足を伸ばしてゆったりと座ることができます。

焚き火を楽しんだり、景色を眺めたりしてリラックスしたい方に向いているテーブルです。

また、テーブルの脚の長さを調整してハイテーブル/ローテーブルの両方を切り替えて使えるタイプもありますので、こちらであれば幅広いスタイルに対応できそうです。

ミニローテーブル


画像引用元 https://山行こ.com/archives/7657

ミニローテーブル高さ10~15cm程度のもので非常にコンパクトなソロキャンプ用のテーブルです。

焚き火を楽しみたい地べたスタイルのキャンプをしたい方に最適のテーブルです。

また、ランタンなどを置くサイドテーブルや、テント内の小物置きテーブルなどの用途としても便利です。

 

選び方③: 収納方法と持ち運び方法からテーブルを選ぶ

アウトドアテーブルはキャンプなどの屋外で使用するので、収納性や持ち運びしやすいかも含めて選択しましょう。

大きく分けて2つのタイプがありますので特徴を紹介します。

折り畳み式(フォールディングタイプ)


画像引用元 https://wowma.jp/item/390220342

天板についているスタンド(脚)を内側に折り畳んで収納するタイプです。

また、天板を二つ折りにしてその内側にスタンド(脚)を収納するタイプもあります。

組み立て、撤収が簡単で初心者にも簡単に使いこなせるでしょう。

持ち手がついてることが多く持ち運びにも便利です。

ロール式(ロールタイプ)


画像引用元 https://store.shopping.yahoo.co.jp/maxshare/ys-a15575.html

天板とスタンド(脚)部分を分離して、天板をロール状に丸めて、スタンドは折り畳んで、
筒状の収納袋にコンパクトにまとめることができます。

折り畳み式と比較すると組み立てが難しいため、自宅で練習してからキャンプ場にいくと安心です。

選び方④: 素材の違いによる特徴でテーブルを選ぶ

アウトドアテーブルは、素材の違いで特徴がかわってきますので、使用するシーンや重要視するポイントに応じて選んでみるとよいでしょう。

天然素材でナチュラル派におすすめな【木製】


画像引用元 https://shop3.efcreations.net/

キャンプなどのアウトドアでは、ナチュラル系素材は自然に溶け込んで落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

使い込むことによって風合いが増していきますので、使うたびに愛着も沸いてくるでしょう。

他の素材のテーブルに比べて重くなりがちですので、持ち運びには適していないのが難点です。

耐熱性に優れて頑丈な【ステンレス製】


画像引用元 https://www.campooparts.com/items/24498360

耐熱性が高く、熱くなった鍋やダッチオーブンをそのまま置けたり、焚き火の近くで使用したりしても問題ありません。

サビや汚れにも強くお手入れも簡単、手軽にガンガン使えますので長く使うことができるのがポイントです。

 

軽量化と頑丈さを目指すなら【アルミ製】


画像引用元 https://bokumusu.tokyo/archives/2706

ステンレス製と同じく耐熱性が高く汚れにも強いですが、何といっても軽くてコンパクトになる収納性、他の素材より安価ですのでコスパ良しといった特徴があります。

荷物を少なくしたいソロキャンパーさんや、初期費用を抑えたいというママさんに適した素材です。

焚き火の近くで使いたいなら【鉄製】


画像引用元 https://taro01.com/grillstand/

熱々の鍋ダッチオーブンそのまま乗せたり焚き火のうえにテーブルをセットして五徳として使ったり、焚き火を囲んで使用することを想定したものなど、とにかく頑丈なのが鉄製(アイアンメッシュ)テーブルです。

鉄製なので重量があり持ち運びには不便ですが、頑丈で安定性の高いテーブルです。

無骨な雰囲気でワイルドな男の人に似合いそうなデザインのものが多いです。

 

軽量&コンパクト収納なら【布製】


画像引用元 https://ameblo.jp/kerclub/entry-12378358147.html

天板部分が布製で作られているので他の素材と比べるともっとも軽量でコンパクトに収納できるタイプのテーブルです。

登山やツーリング、自転車キャンプなどに適しています。

強度に劣るため、重いものを載せたりファミリーキャンプでのメインテーブルとしては使えないので、サブテーブルとして活用すると良いでしょう。

選び方⑤:ベンチや椅子とセットになっているテーブルを選ぶ

キャンプでは多くの荷物を運ぶ必要があります。

テーブルと椅子やベンチがセットになっている商品は、椅子やベンチをテーブルの内側に収納できるタイプが多く、椅子を別で用意するより積載量を少なくすることができます。

また、セット商品になっているものは、テーブルと椅子を個別に購入するよりコストも抑えられるので初心者には優しいと言えます。

 
 
 

選び方⑥: テントやチェアの雰囲気と合わせてテーブルを選ぶ

キャンプをする時には、テーブルの他にもテントやタープ、チェアなど他のアイテムが必要になります。

サイト全体のカラー素材感を合わせると一体感が生まれ、雰囲気のあるキャンプサイトを作ることができます。

他のキャンプアイテムに「デザインや雰囲気を合わせる」ということをメインにテーブルを選んでみるのもよいかもしれません。

まとめ


画像引用元 https://item.fril.jp/e6de07eb9486483c059155c174371b73

アウトドアテーブルの種類や選び方について紹介してきました。

キャンプの必需品と言ってもいいアウトドアテーブルですが、実際にキャンプに行くと一つだけでは物足りなく感じることがあります。

用途に合わせて、こっちはメイン、こっちはサブなどのように複数使いすると快適なキャンプができると思います。

ぜひ、快適で素敵なキャンプサイト作りのためにお気に入りのアウトドアテーブルを見つけてくださいね♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました