【キャンプ用品】初心者必見!ペグの選び方


画像引用元 https://www.pinterest.jp/pin/724024077577745728/

キャンプでテントやタープを設営する際に必要なペグですが、皆さんどんなペグを使っていますか?

テントやタープを購入した時に付属されていることが多いですが、設営する場所によっては
地面に入らなかったり、曲がってしまったり役に立たないことがあります。

付属品とは別にペグ単体で販売されているものがあり、種類も色々とあることをご存じでしょうか。

今回はそんなペグの種類や特徴などについて紹介していきます。

ペグの役割とは?


画像引用元 https://www.honda.co.jp/outdoor/topic-tool/tt201804/

ペグとは、キャンプでテントやタープを設営する際にロープを地面に固定させるための【杭】のことです。

ペグがないとテントやタープを固定できず、強風が吹くとあっという間に飛んで行ってしまいます。

自分のテントが飛んでいくのは大変ですが、他のテントや車に突っ込んだり、キャンパーさんに当たってケガをさせたりしたらもっと大変ですよね。

そんなことにならないようにするためには、地面の状況に適したペグを使用することが必要です。

ペグの種類と適したシーン

キャンプ場やサイトによって地面の状態は色々です。

芝生、砂利、森の中、砂地など地面の状態によって使うペグの種類を変えるのが理想です。

それぞれの地面に適したペグがありますので紹介していきます。

ピンペグ


画像引用元 http://ka10camp.seesaa.net/article/473680661.html

ピンペグとは、テントやタープなどに付属されていることが多いシンプルな構造のペグです。

スチール製やアルミ製のものが多く、芝生や固い地面に適しています。

ヘッド部分がフック型や円型になっていますが、真っすぐ打ち込まなかったり、地面が石混じりだったりすると曲がってしまうことがあります。

一方で、砂浜などの柔らかい地面では抜けやすいので使用できません。

プラスチックペグ


画像引用元 https://www.honda.co.jp/outdoor/topic-tool/tt201803/

プラスチックペグは、「プラペグ」とも呼ばれています。

形状が太く接地面が広いため砂利のない柔らかい芝生や、土、砂浜などに適しています。

プラスチック製ですので、軽量で安価なので手に入れやすいですが、ハンマーもプラスチック製のものを使用しないと壊れてしまいます。

また、固い地面石がある地面などでは歯が立たなく折れやすいので使用できません。

V字、U字ペグ



画像引用元 https://bambi-camp.com/about_peg

断面がV字型やU字型の形状になっているペグです。

V字ペグは、地面に接する面積が大きいので、抜けにくく柔らかい地面や砂地などに適しています。

素材は軽量なアルミ製ジュラルミン製、頑丈なスチール製など様々な種類があります。

その形状からスタッキングすることが可能ですのでコンパクトに持ち運びできます。

U字型は、V字型ほど強度がありませんが、接地面が広いので砂浜や雪上には適しています。

Y字、X字ペグ


画像引用元 https://osusume.excite.co.jp/140326

断面がY字型やX字型の形状になっているペグです。

V字、U字ペグよりさらに強度があり、抜けにくく曲がりにくい構造になっています。

V字、U字ペグ 同様にアルミ製ジュラルミン製スチール製など種類も豊富です。

石がゴロゴロしていないような場所であれば、比較的オールマイティに使用できます

ネイルペグ


画像引用元 https://twitter.com/dod_camp/status/1210115970183778304

ネイルペグは、長い釘状のヘッド部分が平らでプラスチックなどの樹脂フックがついているペグです。

ピンペグよりも打ち込みやすく、スチール製で長めのものが多いのでしっかりと固定できます。

ヘッドの樹脂フックは、壊れやすいので打ち込む際は注意が必要です。

スクリューペグ


画像引用元 https://store.ponparemall.com/quickspeedp/goods/2b6so44r4x/

スクリューペグはネジの形をしていて「スパイラルペグ」とも呼ばれています。

地面にねじ込む方法で、柔らかい地面や砂地でも抜けにくいです。

鍛造ペグ


画像引用元 https://ikumenmanma.com/?p=212

鍛造製法で作られたスチール素材のもので「最強ペグ」とも言われています。

どんなに堅い地面でも折れ曲がることはなく、地中の石も砕く頑丈さがあります。

乾いた堅い地面や、砂利サイト小石の多い河原などでもグイグイ打ち込むことができる
まさに最強ペグです。

ただし、砂地や柔らかい地面では抜けてしますので使用できません。

販売価格が高く、重量が重いので登山キャンプなどでの持ち運びには向いていないのが
デメリットです。

ペグハンマーを使うメリット


画像引用元 https://goodcamp.web.fc2.com/tent-items/peghammer.html

「地面の状態に合わせてペグを変えるのはわかったからあとはトントン打ち込むだけ」、
そんな時にペグを打ち込むハンマーが必要ですが、ペグに合わせてハンマーも適したものを
用意しておくと作業がスムーズです。

100均にもハンマーは売っていますが、専用のペグハンマーがあれば設営・撤収時に時間短縮できます。

スムーズな設営・撤収はキャンプ本来の目的であるゆっくりする時間も増やしてくれます。

ちなみに私もキャンプを始めて間もない頃に、鍛造ペグを100均のハンマーで打ち込もうとしたところ打ち込むのに時間がかかったのと、ペグを抜くときにハンマーが折れた苦い思い出があります。。。

まとめ


画像引用元 https://borusiti-camp-life.com/hammer-peg/

キャンプをする上でテントやタープといったメインギアに比べると、ペグやペグハンマーは目立たないアイテムです。

しかし、メインギアのテントやタープをしっかりと設営するには無くてはならないものであり、不足があると設営することすらできない場合もあります。

設営に手間取ってのんびりできる時間と体力を消耗しないためにも「縁の下の力持ち」的なペグは適切なものを選ぶのが大切です。

初めは出費が重なって大変ですが、長くキャンプを続けていくのであればぜひ揃えておきたい道具です。

キャンプ時間で有意義な時間をふやすため、安心感のあるペグやペグハンマーを見つけてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました