【キャンプ用品】初心者必見!焚き火台の選び方


画像引用元 https://www.aozorabank.co.jp/bank/story/leisure/11500.html

キャンプと言えば焚き火と言っても過言ではないほど、キャンプでの焚き火はメインイベントではないでしょうか。

BBQで肉を焼いたり、ダッチオーブンで煮込み料理を作ったり、寒い夜に暖を取ったり、夜のキャンプサイトを照らす明かりになったり、純粋に炎を眺めて癒されたり、焚き火にはいろいろな楽しみ方があります。

そんな焚き火を楽しむためには「焚き火台」が必要です。

今回は焚き火台の種類や特徴、初心者が焚き火台を選ぶ時のポイントを紹介していきます。

焚き火台の必要性


画像引用元 https://glampress.jp/camp-takibi-manner/

多くのキャンプ場では、 きれいな芝生を保護したり、地面を汚してしまったりすることを防ぐため 直火(地面で直接焚き火すること)が禁止されています。

キャンプ場の地面や自然を守るため「焚き火台」を使用して焚き火するのがマナーとされています。

焚き火の楽しみ方

焚き火の楽しみ方は人それぞれですが、代表的な楽しみ方として次のようなものがあります。

BBQや調理の熱源として


画像引用元 https://www.snowpeak.co.jp/styles/snowpeakathome/takibi_and_grill/

キャンプでの楽しみの一つに食事(キャンプ飯)があると思います。

バーベキューだったり、ダッチオーブンを使ったり、焚き火で豪快にステーキを焼いたり。

キャンプ飯は食べるだけなく、焚き火や炭火を使ってみんなで協力しあって調理する工程も楽しみましょう。

焚き火を囲んでの家族や友達との語らい


画像引用元 https://photo.nap-camp.com/search/8241/

ゆらゆらと燃える炎を見ていると不思議と心が落ち着いて、普段言えないようなことを話したり。

焚き火マジックで身近な人とのコミュニケーションをさらに深めることで明日からの日常にも活力を与えます。

火起こしや火を育てる過程を楽しむ


画像引用元 https://mainichi.jp/articles/20170703/ddl/k30/040/251000c

小枝や松ぼっくりを拾ってきて焚き付けにしたり、ファイヤースターターでの着火にチャレンジしてみたり、薪をくべて炎を育てたり、幻想的に光る熾火を眺めたり、焚き火そのものを楽しむというのもキャンプの醍醐味です。

焚き火台を選ぶ時のチェックポイント

焚き火台を選ぶ上でまず使用シーンを思い浮かべてみてください。

使用シーンによって焚き火台の選び方が変わってきます。

どうやってキャンプに行くか、誰と行くか、どんな料理をするのかなど、どんなスタイルの焚き火がしたいか想像してください。

移動手段に応じて、重量・収納性から選ぶ


画像引用元 https://www.bepal.net/gear/fire/71945

オートキャンプ、バイクツーリング、自転車ツーリング、徒歩や登山などの移動手段によって、持っていける焚き火台が異なります。

オートキャンプなど車で移動する場合は、重量や大きさなどは気にすることなく焚き火台を選ぶことができます。

バイクツーリングであれば、収納時にコンパクトになっていれば多少の重さは気にせず選べます。

自転車や徒歩または登山となると、できるだけコンパクト且つ軽量なものを選ぶ必要があるでしょう。

何人で焚き火台を使うかに応じて、サイズから選ぶ


画像引用元 https://internetcom.jp/207252/no-season-bonfire-stand-mera-and-meramera

ソロキャンプなのか、友達や恋人とのデュオキャンプなのか、3~5人程度のファミリーキャンプなのか、複数家族合わせてのグループキャンプなのか。

キャンプを共にする人と一緒に焚き火を楽しみたいのであれば、一緒に過ごす人数に合わせてサイズも検討するのがいいでしょう。

BBQや料理用として使うかに応じて、耐荷重や付属品から選ぶ


画像引用元 http://toppin.jp/uniflame-683040

焚き火台を使ってバーベキューや料理をするかどうかで、バーベキューコンロとして使える(焼き網を載せられる)タイプ、ダッチオーブンなどが載せられる耐荷重があるタイプなどの選び方が変わってきます。

「みんなでバーベキューを楽しみたい」のであれば焼き網は必須の付属品となります。

「料理はすべてガスバーナーで」という場合なら焼き網も五徳も不要なので、純粋に焚き火ができるタイプを選べば問題ないでしょう。

その他、焚き火に必要なアイテム

焚き火を楽しみたいのであれば、焚き火台の他にも以下のようなアイテムも揃えておく必要があります。

せっかくのキャンプの夜を楽しめるように準備を整えていきましょう。

ナイフ・斧


画像引用元 https://www.honda.co.jp/outdoor/enjoy/201906/

焚き火をする際のは、そのままだと太く大きすぎて着火させるのは大変です。

そんな時にナイフを使って、薪を細くすることで着火しやすくすることができます。

細くした薪から徐々に太い薪を入れていくように炎も大きくして火を育てていきます。

ナイフなどがなくても松ぼっくり枯れ葉小枝新聞紙などから着火もできますので必須ではないです。

耐熱グローブ


画像引用元 https://happycamper.jp/_ct/17357190/p2

薪をくべる時や焚き火料理をするときは、炎に近づきすぎたり、熱い鍋を素手で触ってやけどなどしないように耐熱グローブを用意しておくと安心です。

焚き火用トング・火ばさみ


画像引用元 https://山行こ.com/archives/8222

薪をくべたり、炭を移動したりと何かと使うことの多い火ばさみも焚き火には必須アイテムでしょう。

バーベキューなどする際は、お肉などの食材用のトングと分けておきましょう。

まとめ


画像引用元 https://hyakkei.me/articles-592/

今回は、焚き火台について紹介してきました。

焚き火をする際には、ほとんどのキャンプ場では直火禁止ですので1つは焚き火台を手に入れておきたいです。

使うシーンをイメージしてお気に入りの焚き火台を見つけてくださいね。

きっとあなたも焚き火にはまって、焚き火について熱く語りたくなる日が来ると思いますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました