【大谷翔平】年度別の成績や記録は?高校時代からすごかった?

スポーツ


画像引用元 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210705/k10013120091000.html

メジャーリーグでの大活躍中のロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平選手

今シーズン(2021年)は、ホームラン王争いと投手としての二桁勝利にも王手をかけていてMVPの期待も高まる最もホットなスポーツ選手であるといってもいいと思います。

連日、目を離せない戦いを繰り広げていますが、様々な記録を打ち立てようともしています。

今回は、高校生時代まで遡って、こでまでに築いてきた記録とともに歴代の記録と比較していく形で見ていきたいと思います。

こちらのデータや情報と合わせて試合観戦すると新しい楽しみ方ができると思います!

花巻東高校時代にアマチュア史上初の最速160kmを記録


画像引用元 https://athleterecipe.com/column/1/articles/1757386

大谷選手は、花巻東高校時代にアマチュア野球史上初となる最速160kmを記録しています。

現役のプロ選手でも160kmを投げられる投手は限られていますので、高校生で出すのはとんでもない記録ですよね。

高校生で剛速球を投げられる投手は他にどんな方がいたのか、150km以上を投げてきた投手の歴代の最速記録をまとめてみました。

【高校野球の歴代最速投球記録】

選手名 学校 球速
1998年 新垣 渚 沖縄水産 151km
1998年 松坂大輔 横浜 151km
2001年 寺原隼人 日南学園 154km
2007年 佐藤由規 仙台育英 155km
2012年 大谷翔平 花巻東 160km
2019年 佐々木朗希 大船渡 163km

大谷選手は2012年に160kmを投球し、当時の最速記録を出しました。

しかし、2019年に佐々木朗希(大船渡)が最速を塗り替える163kmを記録し世間を騒がせたのはまだ記憶に新しいと思います。

NPB最速投球記録『球速165km』の記録保持者(※)


画像引用元 https://www.nippon.com/ja/behind/l10602/

高校時代に最速記録を出して7年間破られることはありませんでした。

プロに入ってからも球速はあがり2016年球速165kmという記録を打ち立てました!

NPBで160km以上を記録した投手が他にいるかも合わせて表にまとめてみました。

【NPBで球速160km以上の記録保持者】(2021年9月27日時点)

順位 選手名 所属チーム 球速 記録日
チアゴ・ビエイラ 巨人 166km 2021年8月13日
大谷翔平 日本ハム 165km 2016年10月16日
マーク・クルーン 巨人 162km 2008年6月1日
アルキメデス・カミネロ 巨人 162km 2018年6月15日
由規 ヤクルト 161km 2010年8月26日
ロベルト・スアレス ソフトバンク 161km 2016年10月14日
ラファエル・ドリス 阪神 161km 2017年8月29日
千賀滉大 ソフトバンク 161km 2019年3月29日
国吉佑樹 横浜 161km 2019年4月6日
10 林昌勇 ヤクルト 160km 2009年5月15日
10 スコット・マシソン 巨人 160km 2012年7月5日
10 藤浪晋太郎 阪神 160km 2016年9月14日
10 古谷優人 ソフトバンク 160km 2019年5月5日
10 エドウィン・エスコバー 横浜 160km 2019年6月9日

(※)2021年8月13日に巨人のビエイラ投手が球速166kmを記録し、5年間続いた大谷選手の記録は破られました。

2014年にNPB史上初2桁勝利・2桁本塁打を達成


画像引用元 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2014/05/29/post_401/

大谷選手は、2014年にNPB史上初となる投手として11勝打者として10本塁打
2桁勝利・2桁本塁打を達成しました。

プロ入りから”二刀流”と名乗り活躍してきましたが、この記録がまさしく二刀流の真骨頂
言うべき記録ではないでしょうか。

歴代の投手でホームランを量産してきた選手はいるのでしょうか?

昭和時代までさかのぼりますが、投手でホームランを量産してきた選手をランキング化してみました。

【NPBで投手で放った本塁打数ランキング】

順位 選手名 本塁打数 現役年
金田正一 38本 1950年~1969年(20年)
別所毅彦 35本 1942年~1960年(17年)
米田哲也 33本 1956年~1977年(22年)
平松政次 25本 1967年~1984年(18年)
堀内恒夫 21本 1966年~1983年(18年)
スタルヒン 19本 1956年~1969年(19年)
稲尾和久 17本 1956年~1969年(14年)
星野仙一 15本 1969年~1982年(14年)
成田文男 15本 1965年~1982年(17年)
10 金田留広 13本 1969年~1981年(13年)

ランキング表をご覧になってお気づきかと思いますが、歴代の記録者たちは現役時代の通算本塁打数になります。

大谷選手は、2013年のプロ初出場から2021年9月27日時点までで、NPB通算48本塁打、MLB通算92本塁打日米通算140本という投手としては驚異的な数の本塁打を放っています!

この数字を見ることでいかにとてつもないことをしているかがよく分かると思います。

2015年に最優秀防御率・最多勝利・最高勝率のタイトル獲得


画像引用元 https://cyclestyle.net/article/2015/12/27/31245.html

2015年には投手として最優秀防御率、最多勝利、最高勝率のタイトルを獲得しています。

投手として三冠を達成するということは一流の投手であることを表しています。

歴代の投手で三冠を達成(投手三冠王)した選手はどのくらいいるのでしょうか?

こちらも表にまとめてみましたので参考にしてください。

【パシフィック・リーグ歴代の投手三冠王達成】

選手名 所属チーム 最優秀防御率 最多勝利 最高勝率
1957年 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.37 35 .854
1959年 杉浦忠 南海ホークス 1.40 38 .905
1960年 小野正一 毎日大映オリオンズ 1.98 33 .750
1961年 稲尾和久 西鉄ライオンズ 1.69 42 .750
1980年 木田勇 日本ハムファイターズ 2.28 22 .733
1990年 野茂英雄 近鉄バファローズ 2.91 18 .692
2003年 斉藤和巳 福岡ダイエーホークス 2.83 20 .870
2006年 斉藤和巳 福岡ソフトバンクホークス 1.75 18 .783
2008年 岩隈久志 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.87 21 .840
2011年 田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.27 19 .792
2013年 田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス 1.27 24 1.000
2015年 大谷翔平 北海道日本ハムファイターズ 2.24 15 .750

歴代の投手三冠王を達成した選手は6人でした。

打者としても活躍している中でのこの記録はすごいですよね!

2016年にNPB史上初の2桁勝利・100安打・20本塁打


画像引用元 https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=002-20200406-38

2016年にはNPB史上初の2桁勝利・100安打・20本塁打を達成しました。

また、パ・リーグのベストナイン発表ではNPB史上初となる投手と指名打者の2部門でダブル受賞を果たしました。

本来は、ベストナイン投票規定では投手部門と野手部門の重複投票は禁止されていましたが、大谷選手の活躍を考慮して規則変更されていたそうです。

2018年にMLB史上初の10登板・20本塁打・10盗塁


画像引用元 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/mlb/2018/10/07/___split_29/

2017年12月9日にMLBのロサンゼルス・エンゼルスと契約し念願のメジャーリーガーになることができました。

メジャーリーグ1年目となる2018年は、MLB史上初10登板、20本塁打、10盗塁が評価されて、ア・リーグの新人王に選ばれました。

日本人選手のMLB新人王受賞2001年のイチロー選手以来、17年ぶり4人目となりました。

ちなみに過去にMLB新人賞を受賞した選手と記録についてもまとめておきました。

【日本人選手のMLB新人賞受賞歴】

投手部門

選手名 チーム 登板数 勝利数 敗北数 セーブ 防御率
1995年 野茂英雄 ドジャース 28 13 6 0 2.54
2000年 佐々木主浩 マリナーズ 63 2 5 37 3.16
2018年 大谷翔平 エンジェルス 10 4 2 0 2.52

野手部門

選手名 チーム 試合 打率 安打 本塁打 打点 盗塁
2001年 イチロー マリナーズ 157 .350 242 8 69 56
2018年 大谷翔平 エンジェルス 114 .285 93 22 61 10

まとめ

大谷翔平選手のこれまでの記録と各記録での歴代選手など数字をまとめて比較してきました。

あらためて数字を見ていくと大谷選手がどれだけとんでもない記録を作ってきたのか分かると思います。

今シーズンも残り少なくなりましたが、さらなる記録が作れるように応援したいと思います。

みなさんもプレイと合わせて記録も気にしながら注目してみてはいかがでしょうか。

【大谷翔平】の年棒推移は?他の日本人メジャーリーガーとの比較検証
メジャーリーグでの大活躍中のロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平選手! 今シーズン(2021年)は、ホームラン王争いと投手としての二桁勝利にも王手をかけていてMVPの期待も高まる最もホットなスポーツ選手であるといってもいいと思います。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました