【ノーベル賞】真鍋淑郎氏の賞金はいくら?減額?その理由とは?

時事

2021年のノーベル物理学賞にアメリカ・プリンストン大学上席研究員の眞鍋淑郎さんが選ばれたというニュースがありましたね!

眞鍋さんは地球温暖化を研究する草分け的な存在で、1950年代からアメリカに渡りコンピューターを使って気候の変動を研究しており、現代の地球温暖化予測の枠組みを築いたのが評価され受賞に至りました。

ノーベル賞を受賞できるというのは大変な功績ですよね。

そしてノーベル賞受賞者には、賞金が贈られることになっているのですが、眞鍋淑郎さんはなんと賞金が減額されるようなのです!

減額の内容理由について調べてみました。

ノーベル賞の賞金額とは

ノーベル賞の賞金額は決まっているのでしょうか?

2021年のノーベル賞の賞金額1000万クローナ(約1億2000万円)となっております。

しかし実は、賞金額は下記のように毎年変動しています。

2001年~2011年:1000万クローナ(約1億800万円)
2012年~2016年: 800万クローナ(約8640万円)
2017年~2019年: 900万クローナ(約1億600万円)
2020年~2021年:1000万クローナ(約1億2000万円)

同じノーベル賞でどうして年ごとに賞金額が変わるのでしょうか?

こちらの理由は後ほど紹介します。

真鍋淑郎氏の賞金額は250万クローナ(約3000万円)


画像引用元 https://mainichi.jp/maisho/articles/20211007/kei/00s/00s/017000c

先程、2021年のノーベル賞の賞金額1000万クローナ(約1億2000万円)と言いましたが

真鍋淑郎さんが受け取れる賞金は250万クローナ(約3000万円)となるようです。

1000万クローナ(約1億2000万円)って言ったり250万クローナ(約3000万円)って言ったり、どっちが正解なの?と思うでしょうが、これにも理由があります。

ノーベル賞の仕組み

そもそもノーベル賞とはどんな賞なのかを知ることで先程までの疑問も解決できます。

『ノーベル賞』をかみ砕いて説明すると・・・

アルフレッド・ノーベルがダイナマイトを発明し、開発・生産してきたことによって築いてきた巨万の富の使い道を『投資運用基金を設立し、運用利益を人類に貢献した人々に分配するように』遺言にのこしたのです。

その資産額はなんと3100万スウェーデン・クローナ(現在の日本円だと約230億円相当)あったと言われています。

そこでノーベルの意思を継いだノーベル財団が設立され、彼の遺産の運用益が「人類のために、最大の利益をもたらした人たちに賞の形で毎年分配」されているという仕組みなのです。

賞金額が年ごとに変わる理由

ノーベル賞の賞金額は、ノーベル財団運用益から捻出されます。

ノーベル財団の資産は、株式投資、債券投資、ヘッジファンドなどで運用されているため、
世界の景気市場状況によって、年ごとの運用益が変わり賞金額に影響が生じているようです。

この運用益出続けている限りは賞金の原資が尽きることはないということになります。

ちなみにノーベル財団の資産は2018年末において43億3,800万クローナ(約470億円)となっているとのことです。(※2倍以上に増えてるっっっ!)

真鍋さんが賞金額を全額もらえない理由


画像引用元 https://www.bbc.com/japanese/58812359

ノーベル賞は、「物理学」「化学」「医学または生理学」「文学」「平和」のそれぞれの分野で、各賞1000万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)で、複数人で受賞した場合は貢献度に応じて分け合うことになっています。
そして今回のノーベル物理学賞は、真鍋さんのほか、ドイツのクラウス・ハッセルマンさん、イタリアのジョルジョ・パリーシさんが受賞しています。
真鍋さんハッセルマンさんは、地球温暖化の影響を予測するコンピューターモデルの開発を研究しており、半分を分ける(一人=4分の1)形となります。
また、パリ―ジさんは、統計物理学を専門に研究しており、こちらに半分(2分の1)が贈られることになります。

まとめ

ノーベル賞の賞金についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

気になっていた方には参考になったのではないかと思います。

最後にこの記事でのまとめを書いておきます。

ノーベル物理学賞を受賞した真鍋さんには250万クローナ(約3000万円)が贈られます。
・今年は受賞者が3名でしたので貢献度に応じて分配されています。
・ノーベル賞の賞金額は、ノーベル財団運用益から捻出されているので毎年変動します。
長年の研究の成果や功績が、表彰され・称えられて名誉になる素晴らしい賞ですよね。
そうした功績のおかげで私たちの便利な生活が成り立っていると考えると感謝ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました