映画【マトリックス レザレクションズ】レザレクションの意味とは?|お得に映画を観る方法も紹介

エンタメ

映画『マトリックス』シリーズの第4弾『マトリックス レザレクションズ』が2021年12月17日(金)に日本で公開予定となっております。

『マトリックス』は1999年に公開されたSFアクション映画です。
「バレットタイム」と呼ばれる視覚効果を表現した映像技術でアカデミー賞4部門などを受賞するなどして世界中で話題になった映画です。

また、続編として2作目の『マトリックス リローデッド』、3作目の『マトリックス レボリューションズ』が2003年に公開され、3作品の日本での興行収入合計は260億円を超える大ヒット映画です。

第4弾の新作タイトルは『マトリックス レザレクションズ』となっておりますが、
このタイトルの意味について調べてみましたのでまとめてみました。

新作映画をお得に観られる方法についても紹介していきますので最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

サブタイトルの『レザレクションズ』ってどういう意味?

映画タイトルに含まれている『レザレクションズ』とはどういう意味なのでしょうか?
『レザレクション』を調べたところ、以下のような説明がありました。

『resurrection』(レザレクション)

復活、復興、再流行、キリストの復活、(最後の審判日における)全人類の復活
引用元:Weblio

つまり『レザレクション』は”復活”を意味しており、予告編映像からも分かりますが、主人公ネオとネオの道案内役トリニティが再開することを表しているのだと思います。

『マトリックス』シリーズのおさらい

シリーズ第4弾が公開されるのが楽しみですが、これまでの3作品についておさらいしておいて、より最新作を楽しめるよう準備しておきましょう。

第1弾『マトリックス』1999年公開


画像引用元:U-NEXT

<ストーリー>

トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックスに勤めるプログラマーである。しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカーネオという、もう1つの顔があった。平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。

ある日、トーマスはパソコンの画面に「起きろ、ネオ(Wake up, Neo.)」「マトリックスが見ている(The Matrix has you.)」「白ウサギについて行け(Follow the white rabbit.)」という謎のメッセージを受け取る。ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚めることを選択する。次の瞬間、トーマスは自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められ、身動きもできない状態であることに気づく。トリニティたちの言ったことは真実で、現実の世界はコンピュータの反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。覚醒してしまったトーマスは不良品として廃棄されるが、待ち構えていたトリニティとモーフィアスに救われる。

トーマスは、モーフィアスが船長を務める工作船「ネブカドネザル号」の仲間として迎えられ、ハッカーとして使っていた名前「ネオ」を名乗ることになった。モーフィアスはネオこそがコンピュータの支配を打ち破る救世主であると信じており、仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得させた。人類の抵抗軍の一員となったネオは、仮想空間と現実を行き来しながら、人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じていく。

引用元:Wikipedia

スポンサーリンク

第2弾『マトリックス リローデッド』2003年公開


画像引用元:U-NEXT

<ストーリー>

人類の最後の砦「ザイオン」では、一つの重大な問題が持ち上がっていた。人類は宿敵であるマトリックスを支配するコンピュータに対し、ホバークラフトシップを駆使してのゲリラ戦を挑んでいたが、オシリス号がもたらした情報によれば、コンピュータはザイオンを直接攻撃するため、センチネルと呼ばれるロボット25万体もの大群による殲滅作戦を発動したことが明らかとなった。

対応の遅れたザイオンに残された時間は72時間を切っており一刻の猶予もない。ネオたちはマトリックスでオラクルに会う。ネオは彼女の側近であるセラフに導かれ、コンピュータの中で無秩序に広がった仮想世界が、コンピュータの意思決定能力にすら影響すると知る。そしてオラクルは、人類を救うためにネオがマトリックスのソースにたどり着かなくてはならないことを告げた。

ネオはついに、マトリックスの創設者であるアーキテクトと対面する。そこで伝えられたのは、ネオは「予言された救世主」ではなく「プログラムされた」存在で、ザイオンもマトリックスの破局を予防するために「アーキテクト」によって企画されたことを知らされる。現実世界ではセンチネルの大群がザイオンに迫っていた。ネオは、自分の属している現実世界や親しい人たちか、人類を生かしてより完成されたマトリックスへの変化の礎となるかの選択を迫られる。

引用元:Wikipedia

スポンサーリンク

第3弾『マトリックス レボリューションズ』2003年公開


画像引用元:U-NEXT

<ストーリー>

ベインとネオが意識不明。ネオの脳波はプラグが刺さっていないにも関わらず、マトリックス侵入時の状態を示していたが、マトリックス内に彼の存在は確認できなかった。ネオは、ソースに弾き飛ばされた結果「モービル・アヴェニュー」というマトリックスとソースの境界に捕らえられていた。ここでネオはサティーという少女とその両親というプログラムのラーマ一家に会い、モービル・アヴェニューはメロビンジアンだけに忠実なトレインマンと呼ばれるプログラムに制御されていることを知る。

ネオがモービル・アヴェニューで捕らえられていることをセラフから伝えられたモーフィアスとトリニティーは、ネオの解放をトレインマンに迫るが、逃げられてしまう。三人はメロビンジアンの元へ乗り込み、直接交渉し解放を了承させる。

未来が見えるようになったネオは、自分が行くべきマシン・シティーの幻影を見る。自分の変化に違和感を覚え、現実に戻る前に預言者・オラクルを訪問する。オラクルはネオに、ネオとスミスとの関係、ネオの持つ力の源を説明。また、ネオがこれからどこへ行けばよいのかわからなければ「誰にとっても」明日はないと言う。ネオが去った後、スミス達が現れ、オラクルは取り込まれてしまう。

現実の世界では、ハンマー号とネブカドネザル号の残った乗組員がロゴス号を発見。ナイオビら乗組員と合流していた。彼らは、燃料切れのロゴス号を再起動し、目を覚ましたベインに査問を始めるが、彼は記憶がないと話す。一方ネオは、理由は説明できないがマシン・シティに行くため船が必要だと言う。ハンマー号船長のローランドは反対するが、預言者にネオの助けを選択するよう言われていたナイオビがロゴス号を提供する。トリニティは、ネオと共に行く決意をする。

ハンマー号の乗組員たちは、センチネルを避けるために、航行の難しい補助パイプラインを通ってザイオンに戻ることを計画する。出発直後、ベインの尋問を任されていたマギーが殺害されていることに気づく。既にハンマー号内にベインの姿はなく、ロゴス号に侵入しているであろうことは明らかだったが、引き返してロゴス号に警告する余裕はなかった。ロゴス号では、エンジンが起動せずヒューズの点検に向かったトリニティーをベインが人質に取り、ネオを誘き寄せる。ネオは争いの中、スミスがベインに乗り移っていることに気づく。ネオは千切れた電気ケーブルで目を焼かれ視力を失うが、スミスの姿、プログラムが見えていた。ネオは、スミスを倒し、トリニティーを解放する。そして二人はトリニティーの操縦でマシン・シティーに向かう。

ザイオンのドックにはセンチネルの大群が侵入を始めていた。人間側はロック司令官の指示のもと、防御ユニットを総動員して応戦するが、電磁パルスがない上、圧倒的な数の攻撃に壊滅的な打撃を受け、敗北は時間の問題だった。残された手段は、ザイオンに向かっているハンマー号の電磁パルスで敵を一掃することだったが、ドックのゲートが破壊され、操作不能となっていた。部隊長のミフネは死に際に、自身のAPUをキッドに託し、ゲートを手動で開けるよう指示。キッドによってゲートは開かれ、電磁パルスによって敵は一掃された。同時に防御ユニットもダウンしてしまい、さらに敵の掘削機が再起動したため、あと2時間で敵が寺院の内壁に到達する事態となった。

ロゴス号はセンチネル達の攻撃を受けながらもなんとかマシン・シティの中心部へたどり着くが、船ごと建物へ突っ込む形となり、トリニティは複数の鉄柱に体を貫かれてしまう。ネオと最後のキスを交わしてトリニティは絶命する。ネオは、マシン・シティの支配者であるデウス・エクス・マキナと対面し、共通の脅威となったスミスを倒すことと引き換えに、ザイオン侵攻を止めるよう要求する。

デウス・エクス・マキナによってマトリックスへ送られたネオは、おびただしい数のスミス達が見守る中、一人のスミスと一対一で対峙する。多くの人間を取り込んだスミスはネオを凌ぐ強大な力を手に入れており、激しい格闘の末、ネオは追いつめられる。ネオを見下ろすスミスは、オラクルを取り込んだ時に見た光景に狂喜するが、スミスの口から出たのは、かつてオラクルがネオに対して語った、スミスの意志にはない言葉だった。違和感を覚えたスミスは一度はネオから離れようとしたものの、ネオを取り込むことを選ぶ。ネオがスミスに侵食され、スミスの姿になると、すぐに強い光を放ちながらその体は崩壊し、やがて周囲のスミス達も同じように消滅し、スミスに取り込まれる前の姿に戻っていく。ネオと戦っていたスミスは、オラクルだった。

ザイオンではセンチネルたちが去っていき、人々は戦争の終結を喜んでいた。マトリックスではアーキテクトがオラクルの前に現れ、秩序を乱し変化を試みたことに対し、非常に危険なゲームだと言うが、オラクルはその危険にそれだけの価値があるのを知っていた。アーキテクトは、プラグを抜かれたい人間はどうなるかを尋ねられ、もちろん解放すると答える。

引用元:Wikipedia

スポンサーリンク

マトリックスシリーズ3作品を無料で観よう

U-NEXT無料会員登録(31日間無料トライアル)を使うと、マトリックスシリーズ3作品の『マトリックス』『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』無料視聴することができます。

※31日間無料トライアルは、無料期間中に解約した場合は料金がかかりません。

シリーズ3作品を観てから最新作を観ることでストーリーに深みが出てより楽しめると思いますのでオススメです。

『マトリックス レザレクションズ』を900円でお得に観る方法

大人気シリーズの第4弾最新作『マトリックス レザレクションズ』ですが、映画チケット料金がほぼ半額の900円でお得に観られる方法があるのを知っていますか?

その方法とはU-NEXT映画チケット割引を利用する』ことで900円で映画が観られます。

以下に900円で映画が観られる流れをまとめています↓

  1. 【U-NEXT】へ無料会員登録をする(31日間無料トライアル)
  2. 【U-NEXT】から600ポイントが付与される(600円分)
  3. 【U-NEXT】サイト内で映画チケット割引(1,500円)を購入する(600ポイント+900円)
  4. 映画館の座席指定券と引き換える

つまり、自分で支払うのは900円のみということになります。

この方法を使えば、一般料金から1000円安く映画を観ることができます。

浮いたお金でグッズやドリンク、ポップコーンなどの購入もできますね。

つまりU-NEXT無料会員登録(31日間無料トライアル)を試してみることで

  • これまでのシリーズ3作品を観ておさらいしてから最新作にのぞめる
  • 最新作を劇場で鑑賞するときに映画チケット料金がほぼ半額の900円にできる

という2つのメリットがありますので、ぜひ活用してみてくださいね♪

上映中の最新映画も900円で観れる!映画チケット割引で安く見る方法が簡単だった?
公開中の話題映画を劇場の迫力ある大スクリーンで観たい! でも、映画料金って意外と高いんだよなぁ・・・。 久々に映画館で映画を楽しもうと思ったのですが、映画料金は一般で1,900円! 109シネマズHP料金案内より ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました