キャンプ初心者が失敗しない持ち物・揃えるものリスト

画像引用元 https://www.sportsauthority.jp/

今年こそは家族でキャンプデビューするぞ!

と意気込んでいるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

でも、初心者だからどんな道具が必要かわからないし、
準備も大変そうだし、行ってから何すればいいか分からないし。。。

そんなことを考えてなかなか最初の一歩が踏み出せない方のために
【キャンプ初心者が失敗しない持ち物・揃えるものリスト】をまとめてみました。

初めてのキャンプデビューに向けて参考にしてくださいね。

キャンプ初心者が揃えておきたいアイテム

キャンプに必要なアイテムにはどんなものがあると思いますか?

一時的にですが、大自然の中で生活することになりますので、
普段の生活でも基本となる「衣・食・住」がカバーできるものがあればとりあえずOKです。

あとは「娯楽」として楽しめるものがあると充実したキャンプを過ごすことができますよ♪

拠点となるテント周りの「住」に関わるアイテム


画像引用元 https://www.shakushi-glamping.com/

キャンプに必要なものの代表格でもあるテント。

まずは「住」に関するテント周りに必要なアイテムをまとめてみました。

快適なキャンプ時間を過ごすためには、チェアやテーブルなどリラックスするためのアイテムや眠るためのアイテムが必要ですのでチェックしていきましょう。

  • テント
  • タープ
  • テーブル
  • チェア(椅子)
  • シュラフ(寝袋)&枕
  • マット(インフレーターマット)
  • ペグ&ペグハンマー
  • ランタン、懐中電灯

もっと快適に過ごすためのアイテムもありますが、最低限こちらがあればキャンプで一泊することができます。

何度かキャンプを経験するともっと快適にするため欲しいアイテムも増えていきますよ(^^♪

キャンプの醍醐味、食事を楽しむための「食」に関わるアイテム


画像引用元 https://www.honda.co.jp/

キャンプの醍醐味「キャンプ飯」を楽しむために必要なアイテムもしっかり準備しましょう。

事前にメニューを考えて腕を振るおうと思っているお父さんも忘れ物がないようにチェック!

  • バーベキューグリル、焚き火台、鉄板&焼き網
  • コンロ、ガスバーナー
  • 炭、ライター、着火剤
  • 軍手、トング(炭用・調理用)
  • クーラーボックス、保冷剤
  • ダッチオーブン、鍋、フライパン、ホットサンドメーカー
  • 調理用品(包丁、まな板、ヘラ、おたま)
  • ビニール袋(ゴミ袋)
  • スポンジ、洗剤、たわし
  • アルミホイル、ラップ、キッチンペーパー
  • タオル、ウェットティッシュ
  • 食器(シェラカップ、お皿、コップ)
  • カトラリー(はし、スプーン、フォーク)

上記は基本的に必要なものをリストにしていますが、食事内容やメニューに応じて道具や調味料、食材なども変わってきますので必要に応じて足したり引いたりして準備が必要です。

慣れてくると「アレとコレを兼用するアイテム」という使い方ができるようになり、アイテム自体を減らすこともできますよ。

大自然の中でも快適に過ごすための「衣」に関わるアイテム


画像引用元 https://www.honda.co.jp/

キャンプを楽しむ大自然では、暑い日差しがあったり、夜になって急に冷え込んだり、強い風に吹かれたり、冷たい雨に打たれたり、変わりやすい天候に耐えなければいけません。

しっかりと準備して天候すら味方につけて自然を楽しめるようにしておきましょう。

  • 着替え、下着、洗面道具
  • バスタオル、洗面タオル
  • ブランケット、毛布
  • 雨具(合羽、傘、長靴)
  • 帽子、サングラス
  • サンダル
  • 虫よけグッズ

衣服は、専用のものを揃えなくても普段着で重ね着できるものを用意するといいでしょう。

暑かったら脱いで、寒かったら羽織って、とすることで荷物も最小限にすることができます。

家族が一緒に遊ぶための「娯楽」に関わるアイテム


画像引用元 https://www.boxos.com/

ファミリーキャンプでは、大人とお子さんが一緒に楽しめるアイテムがあるとコミュニケーションもとれて素敵な思い出につながると思います。

普段から自宅で楽しんでいるものでも自然に囲まれた場所だとひと味変わった楽しみ方ができるかもしれませんよ。

  • シャボン玉
  • フリスビー、ドッチビー
  • バドミントン
  • 虫取り網、虫かご
  • 釣り竿
  • トランプ、UNO(カードゲーム)
  • オセロ、将棋(ボードゲーム)
  • Bluetoothスピーカー
  • ギター
  • 花火
  • 発光ブレスレット

他にも「これがあったら楽しそう」というものがあったら持って行ってみるといいです。

ただし、他キャンパーさんに迷惑にならないようなものを常識の範囲で楽しみましょう。

また、キャンプ場によっては、楽器やスピーカー、花火などの音の出るものを禁止しているところもありますので事前に確認が必要です。

キャンプ当日のスケジュール

初めてのキャンプでは一日をどのように過ごしていいかイメージできないと思います。

あるキャンパーさんの過ごし方をタイムスケジュールに落とし込んでみましたので参考にしてみてください。

 9:00~ キャンプ場へ向けて出発

11:00~ キャンプ場に到着、チェックイン

11:30~ テントサイト確認、テント設営開始

12:30~ 昼食

13:30~ キャンプ場周辺探索

14:30~ 芝生広場でフリスビー&バトミントン

16:00~ 火起こし準備

17:00~ 調理開始

18:00~ 夕食

19:30~ 後片付け

20:00~ 花火&焚き火

22:00~ 就寝

 6:00~ 起床&洗面

 6:30~ 朝食準備

 7:00~ 朝食

 8:00~ 片付け

 9:30~ 撤収作業

10:30~ チェックアウト

ほんの一例ですが、キャンプの一日がイメージできると思います。

キャンプ場によってチェックインやチェックアウトの時間は変わりますので確認が必要です。

初めての場合は、想定外のこともおきるので時間に余裕をもった行動がよいでしょう。

ちょっとしたトラブルが起きても慌てることなく、トラブルさえも楽しむ気持ちがあればきっと大丈夫!

キャンプデビューに最適なキャンプ場選びのポイント

自宅から近いキャンプ場


画像引用元 https://smartdrive-style.jp/2018/08/06/preparation/

初めてのキャンプでは自宅から近いキャンプ場、できれば2時間以内に行ける場所を選ぶといいでしょう。

あまりに移動時間がかかってしまうと、キャンプ場に着くまでにお子さんが飽きてしまったり、キャンプ場で楽しむ時間が少なくなってしったり。長距離運転をすることになるドライバーにも負担になりますので、運転時間が長いとキャンプ場に着くころにはクタクタ・・・、なんてことも避けたいですね。

また、万が一お子さんの体調が優れなかったり、ケガをしてしまったりで帰宅しなくてはいけない場合にもできるだけ自宅が近い方が安心できます。

水洗トイレ・お風呂・シャワーのあるキャンプ場


画像引用元 https://hinata.me/article/671249221955454455

女性やお子さんにとってトイレお風呂シャワーなどの水回りは重要な設備かと思います。

大自然の中のキャンプ場でも水回りがきれいで快適に使用できると安心して過ごせますよね。

中には和式トイレしかないキャンプ場や、シャワールームもないキャンプ場もありますが、ワイルドな環境に慣れていない方は、不安になりながら過ごすことになりますので、キャンプの楽しさも半減してしまうかもしれません。

初めていくキャンプ場では、水回り施設も確認してから予約しましょう。

売店・レンタル品が充実しているキャンプ場


画像引用元 https://www.togakusi.com/camp/rental/

キャンプ初心者に多いのが、キャンプ場に着いてから気付く忘れ物

キャンプでは持ち物が多いので「あれだけチェックしたのにどうして・・・」ということがよくあります。

そんな時キャンプ場に売店レンタル品が充実してれば現地調達という形でカバーできます。

また、キャンプ道具がすべて揃っていない初心者でもレンタル品を借りることで色んなギアを試してみることができます。

キャンプ道具をすべて揃えるとなると安くはない出費となりますのでレンタル品を試してみることでデザインや機能など自分の好みを見つけることができるかもしれませんよ。

スタッフが常駐しているキャンプ場


画像引用元 https://www.glocaltimes.jp/8016

初めてのキャンプではトラブルがつきもの。

テントがうまく張れない、食事用の火起こしがうまくできない、ランタンの使い方がわからない、などをサポートしてくれたり、何か緊急事態があった時にキャンプ場スタッフがいれば、土地勘もあるのでスーパー、コンビニ、病院などの案内もしてもらえるでしょう。

キャンプ場スタッフは24時間常駐しているところや、日中のみのところなど様々ですので事前にチェックしてみてくだい。

今年はファミリーキャンプデビューで素敵な思い出づくり

初心者には情報や道具などいろいろと準備が大変かもしれません。

でも一歩踏み出してやってみれば案外なんとかなったりするものです。

お友達や知り合いに経験者がいれば話を聞いてみるのもよいでしょう。

家族で過ごすキャンプは大自然に触れられるだけでなく、協力して一つのことに取り組んだり普段できないコミュニケーションができるよい機会になると思います。

その中で素敵な思い出をつくっていけるのでぜひチャレンジしてみてくださいね(´∇`)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました