【キャンプ用品】初心者必見!ランタンの選び方


画像引用元 https://www.sportsauthority.jp/staffblog/blog/b-camp-lantern-202010/

キャンプの夜に必須のアイテムといえばランタンです。

自然に囲まれたキャンプ場の夜は、想像以上に真っ暗です。

場内に街灯があるキャンプ場もありますが、街灯がない場合にランタンがないとトイレに行くことすらできません。

「スマホのライトがあるから大丈夫」と思っていても、それだけでキャンプの夜を過ごすのは心もとないことになります。

今回は、そんなランタンについて、初心者が知っておきたいランタンの種類や特徴について
紹介していきます。

ランタンとは?


画像引用元 https://my-best.com/11687

ランタンとは、キャンプの夜にサイトやテント内を明るくする照明器具のことです。

料理や食事をしたり、テント内で着替えをしたり、道具を使ったり、トイレに移動する時にも手元や足元を照らすために明かりが必要です。

ランタンは多くのメーカーから様々な種類の商品が販売されており、燃料・明るさ・機能・デザインなどが異なり個性あふれる商品があります。

最近ではキャンプをしない人でもいざという時の災害時用に購入される方も多いようです。

ランタンの用途・使用シーン

キャンプでのランタンの用途として「明るくする」ということは共通なのですが、
使う場所(配置)によって必要な仕様が変わってきます。

ランタン選びは、使うシーンや配置をイメージしてどんなものを選ぶ必要があるか知っておきましょう。

メインランタン

 

画像引用元 https://hideponslifediary.blog.ss-blog.jp/

メインランタンは、キャンプサイト全体を照らす目的があります。

自分のテントやタープのロープなどに子どもがつまづかないように明るくします。

タープのポールやランタンスタンドなどから吊るして高い位置から照らすのが一般的です。

ガソリンランタンガスランタンなどが、光量が大きいのでメインランタンに適しています。

明るさの目安としては、200W程度あればよいでしょう。

最近ではLEDランタンでも明るいものが発売されていますので、1000ルーメン程度あれば
メインランタンとして適しています。

また、光量の少ないランタンでも複数使いしてサイト全体を照らすキャンパーさんもいます。

テーブルランタン


画像引用元 https://www.lantern.camp/?p=31846

テーブルランタンは、文字通りテーブルに置いて使用するランタンです。

調理時の手元や、並べられたお料理を照らすために設置します。

手軽に使えるLEDランタンや、炎の揺らぎを楽しめるガスランタンなどが適しています。

こちらは明るすぎると眩しくなってしまったり、虫が寄ってきてしまったりしますので、
メインランタンより明るくないモデルを選びましょう。

明るさの目安としては50~100W、または150~400ルーメン程度のものが適しているでしょう。

テント内ランタン


画像引用元 https://www.thefarm.jp/camp.html

テント内ランタンは、着替えや就寝時などにテント内を照らすランタンです。

テント内という閉ざされた空間で使用するので、火災や一酸化中毒などを避けるため
LEDランタンを選びましょう。

こちらは明るすぎない100ルーメン以下の光量のモデルがよいでしょう。

夜中にトイレに行く際に持ち歩けるようなコンパクトなものが便利です。

また、就寝時には常夜灯モードがあるモデルもあります。

ランタンの種類と特徴

次に燃料別のランタンの種類と特徴を紹介していきます。

使用シーン別でも若干触れましたが、用途に合わせて必要な光量が変わってきますので特徴を把握しておきましょう。

ガソリンランタン


画像引用元 https://hinata.me/article/887567745791531194

ガソリンランタン「ホワイトガソリン」を燃料とするランタンで、他の燃料のランタンの中で最も明るさがありますので、メインランタンとして適しています。

ポンピングという作業が必要だったり、マントルという部品が消耗品ですので付け替えが必要だったり、使用には慣れが必要ですので初心者にはメンテナンス面でハードルがあります。

また、販売価格も他のタイプと比較して高価ですので、初めは手が出にくいかもしれません。

一方でベテランキャンパーさんには、ガソリンランタンが醸し出す炎の揺らぎや、レトロ感、手間の掛かる部分などが好きで愛用されている方も多くいます。

ガスランタン


画像引用元 https://www.bepal.net/gear/lantern/73003

ガスランタン「OD缶」「CB缶」といった「ガス缶」を燃料としたランタンです。

こちらはガスランタンの次に光量が大きく、メインランタンテーブルランタンとして適しています。

ガソリンランタンと同様にマントルで光を発しますが、取り扱いは比較的簡単です。

しかし、ガス量が少なくなってきたり、冬などで気温が下がってガス缶が冷やされたりすると明るさが安定しないというデメリットもあります。

また、ガソリンに比べガス缶は燃料費が高いのでランニングコストではガソリンランタンに劣ります。

オイルランタン


画像引用元 https://my-best.com/2228

オイルランタンは、「灯油」「パラフィンオイル」を燃料としたランタンです。

燃料代が安くランニングコストに優れており、ロウソクのような炎の揺らぎが人気で
テーブルランタンに適しています。

オイルランタンには、ガソリンランタンのようにポンピングが必要な加圧式」と芯を使って燃料を吸い上げる「フェアーハンド式」という2つのタイプがあります。

気温の変化などによる影響を受けにくく悪天候の中でも使えることから
「ハリケーンランタン」とも呼ばれています。

ただし、燃料の扱いやメンテナンス、着火などには多少の知識と手間が必要です。

LEDランタン


画像引用元 https://my-best.com/606

LEDランタンは、電池式充電式などの電気を燃料とするランタンです。

火を使ってないので唯一テント内で使用できるランタンで、スイッチを入れるだけで点灯できるので初心者向けのランタンです。

単一や単三などの乾電池を入れるものや充電式のもの、太陽光蓄電タイプのものなど種類が
豊富です。

明るさもメインランタンとして使用できる1000ルーメンのものや、明るさを調整できるもの、白色と暖色系で色味を変えられるもの、揺らぎモードのあるタイプ、本体から取り外して懐中電灯として使えるものなど様々です。

安全性、機能面からキャンプ初心者に最も適したランタンです。

キャンドルランタン


画像引用元 https://hyakkei.me/articles-116/

キャンドルランタンは、「ロウソク」を燃料としたランタンです。

基本的にはロウソクの炎の明かりになりますので、明るさは弱くテーブルランタンとして
雰囲気を楽しむランタンです。

炎の揺らぎを眺めながらのキャンプの夜はロマンチックに過ごすことができます。

固形のロウソクが燃料となりますので、明るさは他のランタンより劣ります。

また、ロウがたれるとお手入れやメンテナンスなどの手間がかかります。

まとめ


画像引用元 http://sbs.snowpeak.co.jp/futakotamagawa/archive/20171027-003004.html

ランタンの種類がわかったところで欲しいランタンの方向性が見えてきたのではないかと思います。

ガソリンランタンが最も光量が強く、比較的燃費もよいですが、使い方が難しくメンテナンスに手間がかかります。

初心者が使いやすさを優先するならLEDランタンで広量の強いものか、複数使いすることも検討しましょう。

キャンプに慣れてきたり、 メンテナンスなどの手間がかかっても雰囲気を大事にしたいという方であれば、ガソリンランタンやオイルランタンなどにチェレンジしてみてもよいでしょう。

お気に入りのランタンであれば、面倒でも楽しく感じながらメンテナンスできると思います。

是非とも長く使えるお気に入りを見つけてくださいね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました