【キャンプ用品】初心者必見!おすすめメーカー|定番ブランド

「よしキャンプ始めよう!」そう思い立ったら、まずキャンプで使用する様々な道具を揃える必要があります。

テント、タープ、テーブル、チェア、シュラフ(寝袋)、マット、焚き火台、ランタンetc・・・。

キャンプで使用する道具は多岐にわたり、初心者向けのコスパに優れた商品から上級者やこだわり派向けの高単価なものなど種類や価格も様々です。

そこで今回は初心者がキャンプ用品を探す時に、参考にした方がよいアウトドアブランドを紹介したいと思います。

アウトドアやキャンプを楽しむうえで、有名なブランドの商品ラインナップを見ておくことで購入時の参考になると思います。

ただし、知れば知るほど各ブランドのこだわりが見えてくるので、購入するときに迷いが出てしまう可能性がありますので覚悟したうえでご覧ください(*゚▽゚)ノ

Coleman(コールマン)


画像引用元 https://www.coleman.co.jp/

まずは、Coleman(コールマン)をご紹介します。

こちらはキャンプ初心者の方でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ガソリンランプ事業に始まりその後、暖房器具などを開発しアウトドア事業へ進出してきた
100年以上の歴史がある人気の老舗メーカーです。

キャンプに関心を持ってる人なら、赤色の背景に白い文字とランタンのロゴマークは一度は見たことがあるはず。

テントからキャンプ用品、食器や調理アイテムまで幅広く販売しており、キャンプ道具を全て コールマンで揃えることも可能で、初心者キャンパーが安心して商品選びのできるラインナップが魅力です。

コールマンのテントは性能もしっかりしており、手頃な価格帯なので初心者が検討しやすいと思います。

実店舗も全国に展開しておりオンラインショップも充実しているので、WEBサイトで気になったものを実店舗で確認してから購入できるのも安心できますね。

snow peak(スノーピーク)


画像引用元 https://www.snowpeak.co.jp/

次にsnow peak(スノーピーク)をご紹介します。

言わずと知れた日本を代表する新潟県三条市のキャンプ用品ブランドになりますが、初心者キャンパーさんでも名前をご存じの方も多いのではないでしょうか。

雪の結晶のようなロゴが印象的な「スノーピーク」は、根強いファンが多く洗練されたキャンプ用品のシンプルさと、品質や機能は業界でもトップクラスです。

キャンプ用品を中心に個性的なアイテムを幅広く取りそろえており、統一感のあるカラーがオシャレです。
キャンプ用品を、全部スノーピークで揃えたくなる気持ちも分かりますね。

スノーピーク製品は、一般的なエントリーモデルと比較すると価格が若干高めですが、アフターサービスなどのサポート体制が充実していることを考えると納得の設定かと思います。

LOGOS(ロゴス)


画像引用元 https://www.logos.ne.jp/

続いては、LOGOS(ロゴス)をご紹介します。

こちらは日本のブランドで「屋外と人とをつなぐブランドでありたい」という思いが込められたメイプルリーフのモチーフロゴが目印です。

小物から大物道具まで種類が豊富でブランドで一式揃えやすいブランドでもあります。

どちらかというとファミリーキャンパー向けのアイテム中心でデザインもポップでかわいいものが多く価格もお手頃です。

カラフルでおしゃれなデザインは、キャンプ初心者だけではなくファッションアイテムとして街中でも人気です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)


画像引用元 https://www.captainstag.net/about/

さぁ、どんどん行きます。続いてはCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)を紹介します。

こちらもスノーピークと同じ、新潟県三条市発祥のアウトドアブランドで、コンロや食器類から始まり、現在ではテントやシュラフ、カヌー用品、サイクリング用品などを扱う総合アウトドアブランドとなっています。

鹿のデザインがロゴマークになっているのでファンからは「鹿番長」と呼ばれていたりします。

安くて質の高い商品が豊富で初心者から上級者まで愛用者が多いのも納得のブランドです。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)


画像引用元 https://www.goldwin.co.jp/tnf/

続いては、THE NORTH FACE(ノースフェイス)を紹介します。

こちらは米国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業されたメーカーです。

リュックダウンジャケットなど、街で見かけることも多いのではないでしょうか。

洋服などのアパレル関係のブランドの印象が強いですが、実はキャンプ用品も数多く販売しております。

世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を開発したのもノースフェイスの実績です。

DOD(ディーオーディー)


画像引用元 https://ec.dod.camp/

次は、DOD(ディーオーディー)をご紹介します。

2018年に創立10年を迎える比較的若く「クレイジーなアウトドアブランド」と公言しており、「自由に遊ぼう」をコンセプトにしているウサギのロゴマークがクールなブランドです。

各製品のネーミングやギアのコンセプトが個性的な商品が多く面白いです。

比較的リーズナブルなアイテムが多くデザインも独自のセンスが光りますので、定番ではないものを求めるのであればぜひチェックしてほしいブランドです。

FIELDOOR(フィールドア)


画像引用元 https://www.amazon.co.jp/

続いて FIELDOOR (フィールドア)をご紹介します。

アマゾン、楽天市場、YahooショッピングなどのECサイトで商品展開をしているブランドです。

ご紹介してきた有名ブランドよりも価格をおさえつつもしっかりした商品が多く、初心者にも手の届きやすいブランドだといえます。

ただし、ECサイトでの販売が中心のため、店舗での販売は「キャンジョストア天神イムズ店」のみのようですので実物を確認することが難しいのが難点です。

ECサイトに掲載されている写真やサイズ感、デザイン、購入者のレビューなどを参考にして購入するのがよいでしょう。

Nordisk(ノルディスク)


画像引用元 https://japan.nordisk.eu/

Nordisk(ノルディスク)はスカンジビアナ・デザインの伝統に根ざしており、白くまのおしゃれなロゴがモチーフのデンマーク発のブランドです。

100年以上の歴史がある老舗人気アウトドアブランドですが、近年のグランピングブームにも後押しされ、ベル型テントと言えばノルディスクというように注目を浴びるようになりました。

自宅の家具に北欧スタイルを取り入れるといった流行がありますが、その波はキャンプにも押し寄せているようです。

tent-MARK DESIGNS(テンマクデザイン)


画像引用元 https://www.tent-mark.com/

tent-MARK DESIGNS(テンマクデザイン)は、アウトドアショップ「wild-1」のオリジナルブランドです。

その名のとおり、テントをメインに販売しています。

癒しや楽しみをコンセプトにしており、日本の気候やキャンプスタイルを考慮したアイテムが多く、比較的安価な値段で購入できるのがポイントです。

UNIFLAME(ユニフレーム)


画像引用元 https://www.uniflame.co.jp/

UNIFLAME(ユニフレーム)は新潟県燕市にあるアウトドアブランドです。

ユニフレームとは「ユニークな炎(フレーム)を創造する」に由来しており、バーナーやランタンなどが有名です。

テントなどの大物ギアもありますが、カセットガスバーナーやキャンプ用グリル、折り畳みチェアなどの商品が人気です。

数ある定番アイテム中でも、グリルとしても焚き火台としても使える「ファイアグリル」が有名で、キャンプ場では見かけない時はないほどです。

まとめ

キャンプ初心者が知っておいた方がいいアウトドアブランドを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ビギナーキャンパーさんには、ブランドごとの違いがよくわからなかったり、価格帯がわからなかったりするかと思いますが、今回紹介したブランドの商品ページをみることで見る目が養われるかもしれません。

また、ご自身の好みに合うブランドや商品に出会えるように色々とみてみるのが良いと思います。

せっかくキャンプするのであれば、お気に入りのアイテムに囲まれて幸せな気分でキャンプしたいですよね。

各ブランドの商品ラインナップについては今後の記事で公開していく予定ですのでお楽しみに。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました